義母、義父の介護をしている日々、暗くなってもしょうがない! 笑い話にしちゃえ!


by coose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

物をしまう? 隠す??



c0327472_13134055.jpg

フェントン ピンクのVASE

このエッジのラインがなんとも可愛いです^^


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



ダンナの兄が、時々、アメリカから一時帰国します。

その際は、2泊くらいは泊まっていきます。


父母の様子を見て、始めは私の言ってることが
とてもオーバーだと思っていたようですが、
たまにでも泊まって父母と過ごしていると
父母の行動がおかしいと気づいてくれるようになりました。



やっと・・・ですが^^;




それまでは、私が電話で状況を伝えても、
そんなことない、的な感じだったので
これは話しても無駄だと・・・



毎日、父母をみているのは私なので
私の言ってることを信じてもらえないのは
とてもやりきれませんでした。




今は、かなり協力的になってくれて
義兄のお嫁さん、義姉も、電話に出て

義姉  『あなたの味方だからね』

とまで言ってきましたよ~~~

 

今更・・・感はありますけどぉ・・・




でもね、

これからやってくるだろうお家騒動に、
強いお言葉です!





ということで、義兄が2泊ほど泊まり、
帰るときは私が最寄りの駅まで車で送ります。

この時間が、父母の話をするのに
意外といい時間だったりもします。

駅まで送って家に着くと、
義姉から電話です!


私  『あ、お義姉さん、今、お義兄さんを送ってきましたよ~』

義姉 『それがね~、スーツケースに入れたはずのセーターとYシャツ
数枚ずつが入っていないって言うのよ~@@
あれ、私が買ってあげて、とても高価だったのよ~
無くなったら悔やみきれないわ~@@
悪いけど、探してくれないかしら?』



そんなこと私に言われてもね~

私が詰めたんじゃないし~


どんだけ高いんだよ@@




で、もう最近は、物が無い、という時に
見つけるのが早くなりました、私。


だいたいここに入れたんじゃないかな~、と
予想が当たるようになりました!


こんなこと、威張ってもなんの特にもなりませんがね


それで、まずは、義兄が寝ていた客間の押入れを開けてみます。

 
ヨッシャ!

一発でした~

ピンポンピンポンピンポォ~~~~~ン


義兄が詰めたスーツケースを、父がいつの間にか勝手に開けて、
中から、義兄のセーター2枚と、Yシャツ4枚くらいを
押し入れに入れてしまっていたのですよ~~~


見つけた私は、テンションがあがりましたが
すぐに虚しくなります@@


私  『おじいちゃ~ん、なんでお義兄さんの服を出したの?!
だめじゃない、勝手にトランクを開けたら』

また、いらぬ質問をしてしまいます。



きっと、義兄が、またアメリカに戻ってしまうのが
寂しいから、そんなことをしてしまったのかな~

と、思ってみたり。。。




さっそく梱包して、義兄が泊まるホテルに宅急便で送りましたよ。



とにかく、家の中にある、あらゆるものが、
日々、大移動するんです。

ヘルパーさんが、

『きょうは、味噌が引き出しに移動していました。』

とか

きょうは、お醤油が・・・

ダシが・・・

じゃがいもが・・・

って、私に報告してくれます。




じゃがいもの時は、怖かった・・・


キッチンの引き出しを開けたら、
じゃがいもの芽が伸びすぎて、
引き出しの中をはいつくばっていましたからね~@@


それでも、父は

父  『捨てるな!食べるから!』




無理だろ、それは・・・







応援のポチをお願いします^^
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 介護ブログへ






[PR]
by kizuna215 | 2014-03-15 13:58 | 日常

ディサービスを増やす



c0327472_23021583.jpg

フェントンのコンポート
ふちの波々がとてもきれいです^^



 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 




2013年の半ばには、母のディサービス通所を
週に3回に増やしました。

火、木、土です。

そして、ショートステイは、毎月、隔週で2泊3日。

ヘルパーさんは、月、水、金の昼に来ていただいています。


ずいぶんと軌道に乗ってきましたが、
相変わらず父は、頑なに拒んでいます@@


ヘルパーさんのことも、最初は受け入れられず

父  『帰れ!』

と言っていたのですが、今では、昼ごはんを作ってくれるし、
掃除もしてくれて、ありがたい、とまで言うように
なったことは、とても進歩だと思っています。


軌道に乗ったのは、とてもありがたいのですが、
その分、認知症も進行していて、
母は、紙パンツにしましたが、失禁が頻繁になっているようです・・・

その紙パンツを、洗濯機に入れてしまうことが
難点です・・・

紙パンツを洗濯機に入れてしまった日には、
ほかの洗濯物が大変なことになりますし、
ともすれば、洗濯機が壊れてしまいます!

今のところ、洗濯機は大丈夫ですが、
これも時間の問題かと思います・・・


それでも父は、毎朝、洗濯を欠かしません。
ほとんどが父のものなので、父に、母の物も選択してねと言うと

父  『だって、洗濯機に入れないから!』

私  『おじいちゃん、おばあちゃんはできないから、
    おじいちゃんが、いっしょに持って行ってあげないと
    だめなんだよ』

父  『出さないから、悪い!』



母の認知症を全く分かっていないし、
父も認知症なので、話してもわかってくれません。

でも、父は、自分のことは自分でしないと気がすまないので
私にはやらせません。

それはそれで、ありがたいんですけど・・・






応援のポチをお願いします^^
↓  ↓  ↓


にほんブログ村 介護ブログへ



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ





[PR]
by kizuna215 | 2014-03-07 23:13 | 日常

我が家の愛犬が・・・






しばらく更新ができませんでした・・・




我が家には、14才になる、メスのシェットランドシープドックがいました・・・

c0327472_14144620.jpeg


1月10日に、急性心不全で倒れ、薬で治療しながら
頑張ってくれましたが・・・


2月22日に、天国に逝きました・・・


今まで病気をしたことがなく、
赤ちゃんの時からいたずらをしたこともなく
家の中で飼っていたので、言葉もほとんどわかるし、
とてもお利口な仔でした。



最期の2日間くらいは、元気がなくなり
いよいよ、と覚悟をしていましたが、
その時が来てしまいました。

最期を看取ることができ、
悲しいけど、今までありがとうと
最期まで背中をさすりました。。



自分の親が亡くなってから、10年以上も経つので
悲しみが薄れていると思うけど・・・


今回は、看取ったこともあり
それ以上に悲しみが大きすぎて、なかなか立ち直れないですね・・・







今は、なんでも揃っていて、
自宅で火葬ができるんです。


出張火葬といって、炉を搭載した車が家まで来てくれて、
出棺からお骨上げまで、自宅でできます。


どこかに出向くこともなく、
慣れ親しんだ我が家でお別れができました・・・





♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡




そんなわけで、これからは、下の父と母の面倒だけになってしまい
癒してくれるあの仔がいなくて、どうなるんだろう


で、

雪だったり、ワンコのケアで、父の月一の泌尿器科の受診に
ずっと行けなかったので、昨日行ってきました。

前に、ショートステイには行かない!と、駄々をこねた父に

私  『私のお願いを聞いてくれないなら、泌尿器科にも行かないからね!』

と言ったことがあって、

そしたら父は

父 『あ~、行かなくていい!! 自分でタクシーで行くから!! 
あんたはいい!!』

って言われたので、私も意地で行ってやるもんか!と思っていましたが、
このところ、ワンコのことであまり下に行ってなかったのですが、
父の認知症がかなり進行していることに気がつきました。


言うことや、することが不可解で、かわいそうになってしまい。。。



とにかく、泌尿器科に行こう!
 ということで、父に伝えます。

父は、自分の病院の時だけ、とても素直になります。

自分で行くからあんたはいい! なんて言ったのは、
ころっと忘れていますから!



そして、渡しても、即行どこにしまったか忘れるくせに

父  『自分で行くから、一万円よこせ!』

と、先日、しつこく言ってくるから、あげときましたよ、一万円。



で、

私が病院に連れて行く日に、

私  『おじいちゃん、この前渡した一万円、どこにやったの?
ここに入れといてねって、引き出しに入れておいたでしょう!  
またどこかに持っていっちゃったんだ~~@@』

すると、驚きの答えが返ってきました!


父  『きょう、あんたが病院に連れて行ってくれるって言うから、
さっき、渡したでしょう』


そうきたか~~~!?


私  『何言ってるの?!おじいちゃん、私は貰っていませんよ!!
ここに入れといてって言ったでしょう!!』

父  『嘘だ!ウソだ! あんたに渡した!』


あんた呼ばわりで、私は嘘つき、のようです!



お金は渡した瞬間に、無いと思ってないといけません!

もうね、話にならないので、

車に乗りましょう


支度ができたら言ってね、って言ってから
30分以上経過、あまりに遅いから様子を見に行くと、
何やら身支度していますが・・

いつもなら、普段着のままサンダルなので、
もう少しきちんとしたら?^^;;、と言っていますが、

今回は、どうしたのか、革靴にジャケット姿です。

小奇麗なのはいいのですが・・・

そのうえ、帽士をかぶってきました・・・


それが、

な、なんと、


テンガロンハット です~~~!!!


え~~~~~!


それは、ダンナの兄が、一時帰国の時にお土産に買ってきたものでしょうかね・・・


私  『おじいちゃんっ!! それはおかしいでしょう!
病院に行くのに、テンガロンハットって・・・』

父  『なんだ! おかしくないよ!!』

私  『だって、ベッドに横になるんだから、かぶっていられないでしょう』

父 『その時は、脱ぐんだよ!』



ま、いいや・・・




そして、


病院に向かう途中の車の中


父  『この車は、ブレーキがあるのか?』


・・・


仮にも、数年前まで運転をしていた父の口から
そんな言葉が出てくるとは、思いませんでしたよ!


私  『おじいちゃん、ブレーキが無かったら、車はどうやって止まるの??』


父  『そうか・・・。 この車はクラッチがあるのか?』

人の話を聞けよ~~~~
ブレーキは、いいのかよ!



私  『この車は、オートマだよ・・・』


父  『そうか・・・』


ハァ・・・


わかってるのか、わかってないのか、わからない@@

わかってないだろ・・・








病院での治療が終わり、待合室に戻ってきた父は、
私の顔を見つけて


父  『ママ! 終わった!』


と、待合室にいる人たちみんなに聞こえる声で、
向こうから私に向かって言いました!


・・・

私は、あなたのママではありません・・・

クラブのママでもありません・・・








応援のポチをお願いします^^
↓  ↓  ↓

 

 にほんブログ村 介護ブログへ






にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

[PR]
by kizuna215 | 2014-03-01 13:59 | 日常